MEMBER
社員紹介

PR Tech局 局長

新規事業を「1→10」のフェーズに成長させる

01

―ビルコムに入社した理由を教えてください。

40代になる目前で、「ビジネスマンとして、40代・50代をどういう環境で過ごすべきか?」

を考えたときに、「不惑」ではありませんが迷うことなく仕事に打ち込める環境が

自身の市場価値を高め、成長していける幸せな道だと考えました。

 

社会人として会社に入ると、周囲の人の境遇が羨ましく見えて目先の小さなことで

比較してしまったり、自身の努力不足や実力の無さを棚に上げて不平不満ばかり

言ってしまいがちです。そういった「迷い」と関係ない世界で純粋に仕事に打ち込みたいと考えました。

 

代表の太田と面接で話した際に、そういったフラットな環境であることを感じましたし、

経営に近い環境で自身の経験値を活かせそうだと確信して入社しました。

02

―仕事を通じ、どんなやりがいを感じますか?

日々、新たな挑戦や学びの機会があることと同時に「貢献」に対する実感があることです。

 

それは、マネジメントとして得られることもあれば、社外のクライアント向けの

価値提供を通じて得られるものあり様々ですが、社会的に貢献ができることへの

充足感と継続的な成長を感じられることが一番の糧になっています。

03

―今後の展望について教えてください。

ビルコムとしての第二創業フェーズだと認識していますが、その成長戦略の実現に向けて

目にみえる貢献を少しでも多く積み重ねていければと思っています。

 

現状は、ビルコムとしての新規事業を「1→10」のフェーズに成長させることがミッションですが、いずれはこれまでの経験値を活かして「0→1」のフェーズもやってみたいと

思っています。

04

―どんな人と一緒に働きたいですか?

すごい器用だったりすごい賢くなくてもよいので、誰に対してもフラットに真摯な姿勢で

接することができる素直な人と一緒にビルコムを成長させていきたいです。