MEMBER
社員紹介

  • TOP
  • 社員紹介
  • コーポレートコミュニケーション局 局長
コーポレートコミュニケーション局 局長

本質的な“生活者の心”を捉える
コミュニケーションを実現していきたい

01

―ビルコムに入社した理由を教えてください。

もともと事業会社の広報部門で、toBを中心に、医療、人材系などのPR戦略の立案から実施までを行っていました。

もっと幅広い企業や商材のPRの経験を積みたいと思ったこと、

メディア環境も変わりゆく中で「最先端のPR」を知りたいと思ったことから、ビルコムに入社しました。

02

―仕事を通じ、どんなやりがいを感じますか?

規模や扱う商材のバリエーションも様々な企業のPRの戦略策定を支援できるのは、とても刺激的です。

さらにPR戦略と一口で言っても、メディアアプローチからSNS、オウンドコンテンツ設計まで、

03

―今後の展望について教えてください。

コミュニケーションの在り方が日進月歩の今は、PRパーソンにとっては非常に面白い時期。

同時に、これまでのやり方に固執しているとすぐに置いて行かれる緊張感がある環境ともいえます。

ソーシャルメディアやバーティカルメディアなど、最新動向を捉えることはもちろん、

本質的な”生活者の心”を捉えるコミュニケーションを実現していきたいです。

 

04

―どんな人と一緒に働きたいですか?

自己否定を楽しめる人。

ビルコムには毎日、様々な企業の課題が舞い込んできます。

メディア環境も変化する中でこれらの課題に最適なソリューションを産み出すには、

これまでの自分の経験を活かしながらも、ときにバッサリ否定して、新しい手法を受け入れることも必要です。

そんなアップデートを素直に楽しんで、好奇心をもって深堀りできる、

そんな人と一緒に働きたいですし、自身もそうあり続けたいと思います!