MEMBER
社員紹介

PRコンサルタント

風通しのいいフラットな組織だから、新たな挑戦ができる

「統合型PR」の幅の広さに驚く

 

現在の業務を教えてください。

お客様と向き合い、複数プロジェクトをリードするプロデュース局に所属しており、PRコンサルタントやプロジェクトリーダーを担っています。他にも、新規での営業活動もしており、新たなお客さまにビルコムのことを知ってもらう仕事もしています。

 

ビルコムに転職した理由は?

以前は、セールスプロモーション系の広告代理店で働いていました。小学生のころから、イベントを企画したり、実行したりするのが好きだったんです。そうしたコミュニケーションに関わる仕事をしたくて、広告代理店を選びました。

 

その後、出産を機に仕事から離れていた時期があったのですが、やはり、コミュニケーションの仕事をしたいという思いは捨てられませんでした。年齢的にも最後のチャンスと思い、以前から興味があったPR会社への転職活動を始めたのです。

 

数あるPR会社からビルコムを選んだのはなぜでしょう?

ビルコムが手掛けたPR事例を、前職のころに見たことがあり、「ユニークな会社だな」と思っていたんです。日本を代表するアパレル企業の、斬新なデジタルPR事例でした。こんな素敵なアイデアを実行できるのは素敵な会社なんだろうな、という印象は持っていました。

 

それから、実際に転職活動を始めて調べていくなかで、ビルコムが子育てをしながらでも働きやすい環境だということも知りました。子育てをしながら働くママさんも何人かいるということを知って、ここならチャレンジできるかな、と思えたのが大きな理由です。

 

実際に入社してみての印象はどうですか?

ビルコムは統合型PRを掲げているのですが、本当に幅広く手掛けているな、というのが最初に抱いた印象です。以前はSPツールやCM関係だけでしたから、扱うメディアの種類やSNSなどその幅の広さには驚きました。広告だとどうしても一方的に言いたいことを言う、で終わってしまいがちです。ビルコムにとってのPRは一方向性だけでなく、ソーシャルやアーンド/オウンド/ペイドメディアを駆使して、世の中に商品やサービスの価値を浸透させることを目的としています。そうした考え方は前職ではなかったので、新鮮でした。

 

 

大変な時期でも見てくれている人がいる

 

 

職場の雰囲気はどうですか?

効率的で、仕事が早い人が多いです。打ち合わせも無駄がないように、しっかりアジェンダを用意する人が多いので、生産的なミーティングになることが多いんですよ。それは、社内ミーティングでもクライアントとのミーティングでも同じですね。

 

それから、「ビルコムアワード」といって、年に2回、成果を出した人を表彰するイベントがあります。ここで言う成果、の考え方も面白くて、ビルコムが掲げる原則、通称「ビルゲン」を最も体現した人が表彰されるんです。社員が投票することもできて、自分も過去に2回受賞したことがあります。なかなか仕事がスムーズにいかずに、大変だった時期だったんですけど、見てくれている人がいるんだって、すごく励みになりました。

 

PR会社なので、アワード用に映像をちゃんと作ったり、イベント感がすごいんですよ。文化祭みたいに、みんなで楽しめるイベントですね。ビルコムアワードが象徴するように、オープンで、風通しのいい会社だと思います。「さんづけ」文化があって、社長に対しても、新卒社員に対してもさんづけで呼んだり、役職に関わらずお互いの意見を尊重したりと、フラットな職場ですね。

 

ほかに印象に残った取組みはありますか?

あとは、クライアントにもちゃんと満足度調査をしているのを知ったときも、すごいなと思いました。半年に1回、クライアントにプロジェクトチームはどうか、クリエイティブの質はどうか、といった点を評価してもらう取組みです。クライアントにもしっかりと評価をしてもらうという意味では、対外的にも風通しのいい会社なのだと思いますね。

 

 

挑戦を否定せず、応援してくれる会社

 

 

ビルコムの仕事で印象に残っているものはありますか?

旭化成ホームプロダクツ株式会社様の「Ziploc®」の下味冷凍プロジェクトは、とても印象に残っています。Ziploc®の新たな需要喚起を目的としたプロジェクトで、「働くお母さんの夕食づくりを楽にしたい」というメッセージを軸に、様々な施策を実行しました。

 

思ったような効果が出ない時期もあったのですが、ある期間にクックパッドで下味冷凍の検索数が6倍近く伸びたんです。あのときの喜びは忘れられないですね。それから、テレビの放映やWebコンテンツにもどんどん広がっていきました。

 

ある時期から下味冷凍という言葉をよく聞くようになりました。

情報が溢れ出すような体感をしました。このプロジェクトが、2020年には、国際PR協会のアワード「IPRA Golden World Awards 2020」の最優秀賞を受賞することもできたんです。Ziploc®の商品自体の価値も伝えながら、生活者の家事を助けるお手伝いができる。まさに、PRという仕事の醍醐味を味わいました。

 

いい経験ができて、充実してそうですね。

かなり成長したと実感しています。プレゼンスキルも上がりましたし、何よりも物事を逆算して考える思考法が身に付いたのは大きいですね。ビルコムのカルチャーとして、物事を逆算的に考えて、ゴールを見失わずにプロジェクトを進めていく思考法が根付いています。自分では苦手な考え方だったのですが、周りのメンバーと関わるうちに、自然とそうした思考法が身に付いたことは驚いています。

 

今後のキャリアイメージを教えてください。

統合型PRをもっと経験して、自分自身の幅を広げていきたいと思います。今はいろいろなセクションの人と協力しながらプロジェクトを進めていますが、もう少し自分の幅が広がれば、よりチャレンジングな施策を企画したり、提案できると思っているんです。例えば、もう少し戦略的な視点を持って、中長期的な提案をできるようになれば、より効果的な統合型PRを実践しやすくなるのかな、と思っています。

 

それから、プロジェクトリーダーの経験を活かして、マネジメントにも挑戦していきたい、という思いもあります。

 

 

成長意欲が高い人も多い印象です。

それも、ビルコムの社風かもしれませんね。成長をどんどんしていきたい、というマインドを持った人にとっては、ビルコムは最高の環境だと思います。成長を続けていくために必要なフィードバックや評価を受ける機会がビルコムにはたくさんあります。

 

それに、挑戦したいという思いを否定されることもありません。「こういうことをしたい!」という意見に対して、偏見を持たず、応援してくれるカルチャーがあるんです。

どんどん新たな挑戦をして、成長していきたいという人。そして、PRの仕事に興味がある人は、ぜひビルコムで一緒に働きましょう。